臨床工学技士を目指す人が多い理由【機能性をサポートする役割】

記事一覧

学部だけで見つけられない

男女

学科を確認して選ぶ

医師になるには医学部に行けばいいでしょう。薬剤師なら6年制の薬学部に進めば卒業によって国家試験の受験資格が得られます。では診療放射線技師になるために大学に行くときはどうすればよいかです。医学部のように資格名がしのまま学部になっている学校はあまりありません。ですから学部を見ただけでは、その学校で国家試験を受けるのに必要な課程が学べるかどうかわかりません。全国にはいろいろな学校があり、学部だけ見ると様々なのがわかります。診療放射線技師になるために大学に進学するとき、ある国立の学校では医学部の保険学科の中に専攻として診療放射線技師を養成するコースが設定されています。ある私立大学では保険医療学部や保健福祉学部の中に学科や専攻が設定されていたりします。4年制だと全国に20校から30校ぐらい養成するための学校があるので、ネットなどでそれがどこに該当するのか調べましょう。そして何学部、何学科、何専攻まで細かく調べてから受験をするようにしましょう。診療放射線技師になるために大学にいくにはそれなりに学費がかかります。医療系は通常の授業以外に実習があり、実習の費用がかなり掛かります。国立は他の学部とそれほど授業料は変わりませんが、私立だと学校によってかなり高くなるところがあります。4年間で600万円から700万円ぐらいかかる可能性があります。学校によって学費が大きく変わるので、通った方が安いのか、下宿をしてでも離れたところを選んだ方がいいのかなどを考えましょう。

Copyright© 2018 臨床工学技士を目指す人が多い理由【機能性をサポートする役割】 All Rights Reserved.