臨床工学技士を目指す人が多い理由【機能性をサポートする役割】

記事一覧

医師の事務をサポートする

パソコンを操作する人

資格がなくて働ける

医療機関では治療だけではなく、事務作業も大切な仕事です。それゆえ、医療事務として働く人も多いですが、最近は医師事務作業補助という仕事も注目されています。医師事務作業補助がどのような仕事なのかも知っておきたいですが、診察室に入り、医師の事務的な作業のサポートを行います。医療事務と混同しがちですが、医療事務では受付窓口による仕事が中心で入退院の手続きや会計などを行いますが、医師事務作業補助は医師のサポートを行うのが主な仕事という違いがあります。具体的には診断書などの書類の作成代行、電子カルテなどの代行入力、書類の整理などを行います。多忙な医師の業務を減らし、診察や手術に集中できるので医師の質の向上することが期待できます。医師事務作業補助として働くためには特別な資格が必要というイメージもありますが、医師事務作業補助は資格がなくても働ける仕事です。資格がない場合も採用後に院内の研修がありますので基礎的な知識も習得することができます。即戦力として活躍するのであれば、あらかじめ勉強し、資格を取得しておくこともおすすめです。学び方としては通学で学ぶ方法、通信教育で学ぶ方法がありますのでそれぞれに合う学習方法を選んでいきましょう。そして受講後に試験を受け合格することで資格を得ることができます。医師事務作業補助では、パソコンを使う作業もありますので、基本的なパソコンスキルも身に付けておきたいところです。

Copyright© 2018 臨床工学技士を目指す人が多い理由【機能性をサポートする役割】 All Rights Reserved.